BLOG

オーストラリアはいい国だ!

46 0

みなさんこんにちは!

オーストラリアってどんなところ?

なかなか難しい質問です。「日本ってどんなところ?」と聞かれても、一言で答えられないのと同じですね。

でも、あえて一言で言うなら、

オーストラリアはいい国です!

私Tamiはゴールドコーストという街に住んで今年で16年目です。ひょっとしたら、他の州や他の街は違うかもしれないし、他の人からは違う意見もあるかもしれません。けれど私は、オーストラリアはとても「いい国・そしてひと昔の日本にちょっと似ている国?」だと思っています。

たとえば治安です。

レストランやカフェに友達同士で出かけたとします。みなさんは荷物、バッグをどこへ置きますか?

椅子の背もたれと自分の背中の間にはさむか、ひざの上に置く人が多いと思います。

先週土曜日、レストランに行ったときに周りを観察してみました。オーストラリアの人たちも大体そんな感じです。背中にバッグを置いて、自分の手から離れた見えないところに置いてもへっちゃらです。

けれど実はこれ、他の多くの国ではちょっと危ないことです。

特にアメリカ・ヨーロッパでは、一瞬の隙にどこかへ持っていかれます。いつも荷物はしっかり抱えて、ひざの上においても「手さげ」のところに腕を回しておきます。

30年前に1年間アメリカに留学していた時のことです。私はニューヨークのど真ん中を真昼に歩いていました。

ジーンズの後ろポケットに財布を入れた男性が、猛ダッシュで後ろから走ってきた人にバッ!と財布をすられ、奪った人はものすごい勢いで逃げていきました。

盗られた男性も慣れていたのか、逃げる泥棒を猛ダッシュで追跡。激しい追いかけごっこが始まる瞬間を目撃してしまいました。(決してアメリカを悪く言うつもりはなく、自己責任で自分を守らねばならない国だということですね。)

しかし、16年住んでいてもこの街でそんなことを見たことがありません。 もちろん自分の身は自分で守らなくてはいけないけれど、なんともいえないの〜んびりした空気が漂っています。

さすがに日本のような、電車やバスの中に置き忘れたお財布が必ず手元に戻ってくる・・・ということはありませんが(笑)平和な治安の良さに親近感を覚えます。

カバンや携帯の置き方が日本と同じ・・・(ブリスベンのカフェにて)

あともう一つ、人々の優しさです。

私は空港や駅で大きな荷物を抱えて階段を上がっていたら、「手伝いましょうか?」とかならず笑顔で声をかけられます。

エレベーターでも、横断歩道でも、笑顔で手をあげてあいさつしあいます。とても気持ちがいいです。

道路をカルガモの親子が渡っていたら(1年に1度は見かけます)、大きな男性が車を停めて一生懸命交通整理をしてくれます。動物好きな国です。

いろんな鳥がいるゴールドコースト。ある魚屋さんの裏で野生のペリカンが餌付けされています
真っ青な空がみんなの気持ちを優しくしてくれるのかも

みんなで声を掛け合うのが普通だった、一昔前の日本のいいところを思い出させてくれる場所。オーストラリア・ゴールドコースト。

そんなこの街に、ぜひ来てください!